AVメーカー「あら、スケベ」

AVメガサイト「妄想族」HEROブランドよりさまざまなスケベ映像を発売中!
ドキュメンタリーにバラエティ、ドM女優の調教願望、フェチ、レズ、実録作品に
女優プロデュース作品などなど
あなたのスケベ心を鷲掴みにする作品群がココにある!
作品はFANZAにて先行独占配信中!!

作品一覧はこちら

「やらせろ地味子」現場レポート 冬愛ことねちゃん編

皆さん、あら、スケベ! 小林です。

突然ですが皆さんは、お酒を飲んだらキャラ変しますか?
自分はします。

山井すずちゃんの現場レポートでも書きましたが、
自分は酔うとよく喋るようになったり、行動が大胆になったりします。
池袋西口公園の噴水に飛び込んだり、友達に手コキしたりといった酒エピソードがあります。
しかし、実はお酒を飲んだからキャラ変するという訳ではなく、もともとそういうキャラなのだという研究結果を最近ネットで見ました。
私の好きな落語家の立川談志も「酒が人間を駄目にするのではない。人間は元々駄目だということを教えてくれるものだ」と言っております。

小林はもともと噴水と手コキが好きな人間なのかもしれません。
(もし皆さんが、飲み会で小林と一緒になった時は小林から遠い席に座ることをお勧めします。)

というわけで、皆さんのドン引き音が聞こえてきたところで、現場レポ始めさせていただきます!

今回は「やらせろ地味子」シリーズの3作目の現場レポートをお届けします。
ちなみに今作は小林が初めて台本を書かせていただいた作品なので、記事の最後にここだけでしか読めない作品㊙情報も少し載せちゃいます!

さて、今作に出演する女優さんは・・・・

ことにゃんの愛称でお馴染みの、冬愛ことねちゃんです!!

超可愛い!!!小さい!!!超可愛い!!!にゃんにゃん!!!

「やらせろ地味子」シリーズの共通テーマは地味っ子が肉食男を逆に食ってしまうというもの。(ざっくり)
というわけで、今回も地味子役のことにゃんに男をガンガン食っていただきます!!

メイクと衣装合わせを終えてまずはパッケージ撮影から!
撮影はスタジオを出て街中で行われました。可憐な少女1人とおっさん数人が移動してる光景は下手すれば通報ものですが、なんとか通報されずにすみました。

お昼ご飯とインタビュー、シャワーを終えたらいよいよ本編の撮影です。
(インタビューでことにゃんが台本がエモいと言ってくれたのが嬉しかったです。)

本作のあらすじは、両親が湯治で3週間不在の地味杉家で宅飲みが行われたのですが、とある事をきっかけにとんでもない出来事が起こるという内容です。
(詳しい中身は実際に本編をご覧いただけたら幸いです。)

撮影を見ていて小林が一番思ったことそれは

ことにゃん、女優力、高っっ!!!

です。
地味子モードの時は5億点満点の地味子を、痴女子モードの時も5億点満点の痴女子を見事に演じて下さいました!!!

地味子モードの時のにゃんにゃんキュンキュンな妹ぶりは軽く10回はキュン死にするレベル!
しそジュースを飲む姿が可愛すぎて、しそジュース会社からCMオファー殺到確実だなと思いました。ていうか妹役を演じさせたらことにゃんの右に出る者はいないんじゃないでしょうか!?

痴女子モードの淫乱ドスケベ小悪魔感も大変すばらしく、撮影中に「最強痴女ここに現る」と心の中で呟いてしまいました。(もしかしたら実際に口に出してたかもしれません)
まあ、とにかくエロいんです!!

実は小林からは直接ことにゃんに細かい指示やリクエストなどは伝えておりませんでした。
にもかかわらず台本を読んだだけであれほど再現度が高い演技を披露できることにゃんに小林は尊敬の念を抱きました。

むしろ小林が台本で表現できなかった事を、ことにゃんが汲み取って再現してくれたと言ってもいいぐらいで、お世辞とかではなくガチで台本以上のものが出来上がりました!

ことにゃん、マジパねえ!!!

断言します。冬愛ことねちゃんは令和を代表する名女優です!!!!

ちなみに小林が好きなシーンはことにゃんが男に跨りながらワインを豪快にラッパ飲みするところです。
普段はお酒を飲まないというのが信じられないくらいの飲みっぷりでまさに圧巻の一言。
撮影中、ことにゃんが「これお酒じゃないですよね?なんか酔っぱらったかも(笑)」と一言。

実は瓶の中身はぶどうジュースだったのですが、
ジュースで酔ってしまうくらいに役に入り込んでいたんだなぁと小林はただただ感心するばかりでした。
お酒を飲んでのキャラ変ぶりは本当に見事で、あれはもしかしたら酒を飲んだ小林の姿かもと思っちゃったりもしました。

おかげ様で撮影は無事終了。
終わったあとことにゃんが「楽しかったです!」と言ってくださり小林は大変光栄でした。
ことにゃん、こちらこそありがとうございました!!!!

マジでことにゃん、可愛い!スケベ!最高!でした。
そんなことにゃんの魅力がたっぷり詰まった「やらせろ地味子」是非ご覧になってください!!

最高の地味子&痴女子でした!!!

おまけ【作品㊙情報集】※若干ネタバレあり

・地味杉けんたろうの勤務先はお仏壇の「こばやし」。作中でことにゃんに「なーむー♪」とやってもらうネタもあった。

・冒頭の「真実はワインの中にある」はフランスのことわざ。 今作はワインによって妹の真実の姿が曝け出される話。

・スケベコンティのモデルは高級ワインのロマネコンティ
ラベルの2011年は小林が童貞を失った年。
右のサインはHentai Chinpo Manko A.f.(アナルファック)Sexと書いてある

・妹の大学名案、冬愛女子大学の他にも大冬愛文化大学もあったがいろいろ忖度して無難な方にした。

・両親の湯治先は青森県の酸ヶ湯温泉。 理由はなんか地味なのと小林が行ってみたいから。
作品の裏テーマは「両親が湯治でいない3週間、お兄ちゃんをいっぱい犯した妹」

・タイトルのイラストも小林作。初期案は猫感満載だった。ノートがモチーフなのは「妹の秘密のノート」という設定のため。

・最後のエンドタイトル写真の別バージョンはこちら↓

おわり